療養生活に役立つかもしれない情報源

病はあなたへの警告! だからこそ選ぶのはあなた!
『あの人の治療生活」「私の療養生活』に役立つかもしれない情報ページです。ご利用はあくまでもご自分の判断で願います。

ご注意:筆者《いまやもめもやまい》がいつものごとく自らの持病と妻の癌の体験から勝手に書いています。

「信じようと信じまいと・・・」ではなく盲信をしないこと。あなたの命です。最後はご自分で考えてください。あなたの考えのヒントになればそれで良いのです。

 

癌患者は働かなくていいのか?

そういう社会になっていてくれるのなら良いのですが・・・

あの国会議員さん、そういう意味で発言したのでしょうか?

どうも話の流れを追ってみますと違うように思ったのです。

単に癌患者を排除する意味合いが強いように思われます。

核家族化して共働きが大勢を占めるような社会では難しい。

患ってからでも働き続けなくてはいけない世の中。

ましてや子供がまだ小さいとか、そういうところも看てあげて欲しいなぁ。

ちょっと残念な話題でしたね。