療養生活に役立つかもしれない情報源

病はあなたへの警告! だからこそ選ぶのはあなた!
『あの人の治療生活」「私の療養生活』に役立つかもしれない情報ページです。ご利用はあくまでもご自分の判断で願います。

ご注意:筆者《いまやもめもやまい》がいつものごとく自らの持病と妻の癌の体験から勝手に書いています。

「信じようと信じまいと・・・」ではなく盲信をしないこと。あなたの命です。最後はご自分で考えてください。あなたの考えのヒントになればそれで良いのです。

 

【糖尿病】最近思う、持病の話

生活習慣病というのは、

いつもの生活がいつのまにか変わってしまった。ということが大きい。

仕事が忙しくなってきた。 仕事が変わった。大切に思っていた誰かと別れた。

食べ物が変わった飲み水が変わった。

過去、それまで生きてきた、あなたがあなたとして創られ成長してきた習慣が、ここ数年変わっていませんか?

そう自分に問うことだ。

どこがどう変わったのか?

「病は警告!」と考えるのであれば、どこがどう?

自分に聞くことだ。

自分が自分を診ること、きっと、ほんとうは、自分がもっとも分かるはずなのだ。

「・・・今日は調子が悪いな・・・」

では、昨日は何を食べたのか、何をしたのか? 自分に問う。

自分なりに記録しておく。

ときに、同じことをしてみる。

今度は耳を澄まして目を凝らして観察する。

「・・・やっぱり体調が悪くなった・・・」

これは吉報だ。なぜなら自分の体調をコントロールできる可能性が発見できた。ということなのだ。

「病は警告だ!」というのはそういうことだ。

悪くなった時にだけ怖くなって医者が言うことにすべて従う。

これだけでは知恵がない。

医療が悪いとか医学の進歩が、、、などと主張するつもりは全くない。

人間はまだまだなのだ。

人間とは不完全な生きものだ。

もしかしたら、猫や犬、ネズミなどよりも劣っているのかもしれないな。と考えている。

下手に頭がの働きが優れているからと言っても生物としてはバランスが悪いのかもしれない。

そんなことを考えたりするときは、モアイの体調が悪いときで、心の中に不安の胞子が拡散され始めたときだ(笑)

で、本題というか、持病の話。

筆者は糖尿病が持病だ。

生活習慣病そのもの代表みたいな病だ。

ふと、思ったのは、「あ、最近、自分なりのコントロールができるようになってきたかも」

そう感じるようになってきた。

《アルコール》

酒は飲む、ショーチューが多いけれど、たまにウィスキーを飲む。たまに飲み過ぎると体調最悪。

「カフェイン》

コーヒーは、1日1杯のサーバー飲む。1リットル?かどうかわからないけれど、サーバーのメモリには7杯分の線が書いてある。

朝淹れる。

たまに飲み過ぎて、またサーバーにいっぱい作る。気にしないでのでいるうちに夜以降も飲んで眠れなくなる。。。そのときは無理に寝ようとしない。本を読む。

たまに、紅茶も飲む、同じサーバーを湯すいで、シュガーを遠慮しながらも入れてパックを3つほどまとめてお湯を注ぐ。

ときに「あ、砂糖いれすぎた・・・」とちょっと後悔するときもあったりする。

日本茶も好きなのだけれど、あれは、同じような量を獲るとほぼ確実に夜が長くなる。 ここ数週間飲んでいないな。好きなんだけど買いに行こうか。

《水》

その他の水は浄水器を通した水2リットルほどかな。(浄水器は固定設置された蛇口から出るので量は気にしていないがフィルターは1年ぐらいは持つらしい)

これ以外の水分は、まったくと言ってよいくらい飲まない。

ジュース、、もう数か月飲んでいないかな。よくよく調べてみると糖分の塊みたいなもんだな。と思った瞬間から飲まなくなった。

しかし、家には置いておいた方が良いと思う。低血糖発作まで行く時だってあるかもしれない。

せっかくの警告なのだから警戒はしておく。

なにしろ、発見時の血糖値450だぜ。笑い飛ばしつつ、計画はするで!

いまのところ、上手く付き合っていると思う。

ではまた。

次回は食べ物も書いていこう