家族としてやれることを考えるカテゴリーです。

もう一つの癌病棟

主治医が匙(サジ)を投げたときから始めること

医者だって人間だ。 助けを乞うて訪れた患者を目の前にして、「何とかしてやりたい」と思うはずで、わざわざその病状を重くするようなことは避けます。 それこそ、脅してでも患者の体調管理に厳しく接するもの。 しかし...
もう一つの癌病棟

高年齢になってからの癌

だいぶ年を取ってから癌が発見されて治療を受けない判断、または受けれない高齢者の割合が増えてきたらしい。 あくまでも「らしい」ということを前提に読んで欲しい。なぜならばそれを最終判断をするのはどんなことがあろうと癌患者になったご...
タイトルとURLをコピーしました