療養生活に役立つかもしれない情報源

病はあなたへの警告! だからこそ選ぶのはあなた!
『あの人の治療生活」「私の療養生活』に役立つかもしれない情報ページです。ご利用はあくまでもご自分の判断で願います。

ご注意:筆者《いまやもめもやまい》がいつものごとく自らの持病と妻の癌の体験から勝手に書いています。

「信じようと信じまいと・・・」ではなく盲信をしないこと。あなたの命です。最後はご自分で考えてください。あなたの考えのヒントになればそれで良いのです。

 

お見舞いは、頑張れ、ではなく・・・

確かに私は患者である我妻から聞いたことがあります。

お見舞いに来てくださった方が帰り際、「じゃぁ頑張ってね」

帰ったあと、彼女「これ以上何を頑張れって言うのよ」

社交辞令で言っているのか? それとも本当に気遣ってなんとか治ってほしいと強く思っている人の「頑張って」は違うんだね。

筆者はそう思う。

筆者は平気で当然に使っていた。究極はそれ、自分と利害が完全に一致してる他者からの「がんばれ!」は素直に聞けるもの。

義理でお見舞いに行くようなときは頑張れは言わないことだ。

社交辞令で、それほど相手のことを気にしていないのであれば、、、

こう言えばよいのだよ。

「無理しないでくださいね」

で良いのだ。

「よく養生してください」

「よくお休みください」

でも、良いかもしれないね。

ではまたね。