訃報が流れた。

誰、と名前は言わない。

有名な人であった。美人な人だったね。

 

旦那は以前なにかバカなことをやっていて話題になっていたな。

モアイの勝手な想像だけど、きっと彼は彼女が発症したときにもの凄い後悔をしたのではないだろうか?

 

彼女の生前のブログ、一度も読まなかった。漏れ聞く話題になった部分だけは、ふ~む、と読んではいた。

 

「そっか・・・」

だけで留めておいた。

 

癌患者はたくさんいる。

たぶん今夜に亡くなる人もたくさんいる。

 

すまない。

引っ張られたくないのだ。

引きずられたくない。

このブログをやっているからには引っ張り込まれてはいられない。

同じジャンルのブログの場所を確認することはあっても、心を寄せないように読まない。

 

私が書けなくなってしまう。

それこそ「忖度」してしまう。

今までも何度もある。

だからすまない。

 

今日の朝方、このブログいくつか追記をした。

不思議なもので何かが繋がるのかもしれない。

だから、ここ、書いておく。

 

 

ご冥福を祈る。

 

ではまた。

 

 

ここは、大切なことは眉に唾を付けてから読むこと!

そして他者の責任にしないこと。
でもですよ、今では少しありうるのかもしれないと思うようになりまして、ならば知るチャンスを失うべきではない!!
知ることさえも最初から否定してしまっては、あとで後悔することになるかもしれない。 そして筆者はあくまでも決めるのは患者本人だと強く確信しています。そう考えるので載せます。

 

 

 

 

看病夫婦
いまやもめもやまいをフォローする
キャンサーノートStageX看護師の癌:もうひとつの闘病記