うしろがみをひかれるおもい

看病夫婦

休日最後の夜、病院に送っていく。

患者にまた戻る。

また入院用のパジャマに着替えベッドに入るのを待つ。

 

その間、饒舌だ。

久しぶりの我が家に興奮もしていたのだろう。

 

ベッドに入った途端にあれやこれやと用を言いつける。

家のこと。

 

「大丈夫だ。任しておけ!」

と言ってしまっては、、、良くないだろう。

必要とされている。存在意義みたいな、、、感情? があるのだろう。

そう思うからだ。

 

だから、「わかった、、、」「わかったよ」

と聞いておく。

 

「じゃぁ」といっても何か言葉を探している。

 

後ろ髪を引かれる。

 

「一緒に寝てやりたいくらいだけどさ」

「でもよ、一緒に寝るとやりたくなっちまうよ」

 

「バカ、私が持たんわ!!」

 

「あはは!だな、またな」

と言って病室を離れる。

 

さて・・・さっさと家に戻って眠ろう。

明日からまた忙しい。。。

 

くらいの気持ちでいいと思うよ。

泣いてられないっしょ、いちいちね。

 

 

 

あはは、ではまたね