うしろがみをひかれるおもい

看病夫婦

休日最後の夜、病院に送っていく。

患者にまた戻る。

また入院用のパジャマに着替えベッドに入るのを待つ。

 

その間、饒舌だ。

久しぶりの我が家に興奮もしていたのだろう。

 

ベッドに入った途端にあれやこれやと用を言いつける。

家のこと。

 

「大丈夫だ。任しておけ!」

と言ってしまっては、、、良くないだろう。

必要とされている。存在意義みたいな、、、感情? があるのだろう。

そう思うからだ。

 

だから、「わかった、、、」「わかったよ」

と聞いておく。

 

「じゃぁ」といっても何か言葉を探している。

 

後ろ髪を引かれる。

 

「一緒に寝てやりたいくらいだけどさ」

「でもよ、一緒に寝るとやりたくなっちまうよ」

 

「バカ、私が持たんわ!!」

 

「あはは!だな、またな」

と言って病室を離れる。

 

さて・・・さっさと家に戻って眠ろう。

明日からまた忙しい。。。

 

くらいの気持ちでいいと思うよ。

泣いてられないっしょ、いちいちね。

 

 

 

あはは、ではまたね

ここは、大切なことは眉に唾を付けてから読むこと!

そして他者の責任にしないこと。
でもですよ、今では少しありうるのかもしれないと思うようになりまして、ならば知るチャンスを失うべきではない!!
知ることさえも最初から否定してしまっては、あとで後悔することになるかもしれない。 そして筆者はあくまでも決めるのは患者本人だと強く確信しています。そう考えるので載せます。

 

 

 

 

看病夫婦
いまやもめもやまいをフォローする
キャンサーノート:もうひとつの闘病考