療養生活に役立つかもしれない情報源

病はあなたへの警告! だからこそ選ぶのはあなた!
『あの人の治療生活」「私の療養生活』に役立つかもしれない情報ページです。

筆者《いまやもめもやまい》が探して選んでいます。
ご利用はあくまでもご自分の判断で願います。

カテゴリー

主治医が匙(サジ)を投げたときから始めること

医者だって人間だ。

助けを乞うて訪れた患者を目の前にして、「何とかしてやりたい」と思うはずで、わざわざその病状を重くするようなことは避けます。

それこそ、脅してでも患者の体調管理に厳しく接するもの。

しかし、一旦「こりゃ、ダメだ」とあきらめが入った時には、「もうできるだけ自由にしてやろう」「残りの時間を穏やかに過ごさせてやろう」

そう考えるのもので、だからこそやっぱり人間なんですね。

そんな時は、

患者の家族から、病院食だけでなく他に食べさせてやりたいことを、食べさせても良いものを尋ねると、

「なにを食べさせても良いですよ」

「好きなものをどんどん食べさせてあげてください」

という答えを返してくる。

そういうことだ。

それに、体調さえよければ外泊許可だってたくさん出してくれる。

そんな状況を嬉しく思い、患者はちょっとでも体調が良いふりをする。

何度でも少しでも長く家にいたい。

そう考えるから・・・

そうなると外泊予定が3日だったにも係わらず、あっという間に体調を崩して緊急再入院になるとか、取りあえず外来で主治医に診てもらい点滴を打つために何時間も横にならざるを得ないような現状にあったりする。

家族はたまらんかもしれない、負担も大きくなるかもしれない。

それは最初から頭に入れておけ、半分そうなるかもしれないことを予定に入れておくこと。

せめて、「帰ってきたらどんな美味しいものを食べさせてやろうか?」

「どう楽しい時間を創ってやるか?」

家族はそっちに智恵を絞りなさい。

管理人はそう言いたい。

医者が匙を投げたのならば、あとは本人の治る気持ちだったり、身体の免疫力をほんの少しでも高めることが叶うようなことを脳みそをブンブン回して考えなさい。

管理人はそう言いたい。

時間はほぼ限られた、と考えるべきだ。

もちろんの本人の意思と希望次第だ。

その意思を貫き通すために、その背中を支える力をどこまで出せるか?

その希望をどこまで叶えてやれるか?

そこが考え処。

時間は切られた。ということ。

ではまたね。

がんばれや!

一言

筆者《いまやもめもやまい》より一言

《ステージ4の癌》

このブログが持つ大きいテーマは、末期癌を患った妻の看病についてのお話しです。
440日間、毎日病院に通い学んだ事柄の経験談と考察を、いま悪戦苦闘しているであろう、たまたまこのブログを訪れてくれた同じような境遇の人々の何かにヒントになれば幸い、くらいの気持ちで書き綴っております。

ですから、このブログでは何一つ断定はしないし排除もしません。「こうしなさい、ああしなさい」なんてとんでもないことです。

最近話題になった、あるがん患者の死から始まった騒動?から改めて主張しますが、最期の選択するのは本人であるべきです。

筆者《いまやももやまい》の考えです。

そのために、あくまでも参考程度にして読んでくださいね。

《生活習慣病》

もう一つは、先の体験とともに筆者自身が付き合うことになった病の話を、気楽に楽しみつつもちょっと真剣に病というものはどういうもなのか?ということを書き足していこう。というようなブログであります。

なんだかんだ言っても、病というのは長く付き合うことになる一種の人間の業のようなものと考え、受け止めて気楽に付き合っていきたいもですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

《癌》参考になった本

心得として参考になる本

もしものその後に読むブログ

がんばって、がんばって、がんばった。

そのあとに読んでくださいね。

筆者モアイのもうひとつのブログです。

    • 逝く時代、来る世代、これからの世代…18/04/24 やもめのモアイ
      “「逝く世代」って書くと怒られそうな気がするので時代にしときました。 でも、筆者も同じようなもんですから、持病持ちだしね。いつ逝くかわかりませんからいつ逝くことになっても良いように準備はしておこうとは思うのですけど、それさ…続きを読むかい…”

    • やもめが新たな心境に達するために18/04/19 やもめのモアイ
      “こういう言葉を見つけました。   「『人は死んでも、心の中で生きている』そう思えるようになったらその死を克服したことになるだろう・・・」   筆者はこう思う。 「あの人は死んだ。確かに亡くなった、この…続きを読むかい…”

    • 死別後には付き合う人が変わるものだ…18/04/03 やもめのモアイ
      “変わるものだ!!   そう思っていて良い、その後も亡くなった相方の親族であったり、友人という関係に変化があって当たり前だし、もし何も変わりなく交流できるとしたら故人の存在意義ってなんだったの? という話になって…続きを読むかい…”

    • 「世の中感想文」の政治的な忖度話あれやこれ…18/03/27 やもめのモアイ
      “いやなに、独り者だからこそ言えることもあるのだと気が付きましてね。ヤケクソになって言っているわけではなく、身が軽くなったわが身を振り返ると、確かに人はいろんなものに忖度して生きているものだなぁ(話題の官僚さんも含めてね)…続きを読むかい…”