カテゴリー

訃報が流れた。

誰、と名前は言わない。

有名な人であった。美人な人だったね。

旦那は以前なにかバカなことをやっていて話題になっていたな。

モアイの勝手な想像だけど、きっと彼は彼女が発症したときにもの凄い後悔をしたのではないだろうか?

彼女の生前のブログ、一度も読まなかった。漏れ聞く話題になった部分だけは、ふ~む、と読んではいた。

「そっか・・・」

だけで留めておいた。

癌患者はたくさんいる。

たぶん今夜に亡くなる人もたくさんいる。

すまない。

引っ張られたくないのだ。

引きずられたくない。

このブログをやっているからには引っ張り込まれてはいられない。

同じジャンルのブログの場所を確認することはあっても、心を寄せないように読まない。

私が書けなくなってしまう。

それこそ「忖度」してしまう。

今までも何度もある。

だからすまない。

今日の朝方、このブログいくつか追記をした。

不思議なもので何かが繋がるのかもしれない。

だから、ここ、書いておく。

ご冥福を祈る。

ではまた。

一言

筆者《いまやもめもやまい》より一言

《ステージ4の癌》

このブログが持つ大きいテーマは、末期癌を患った妻の看病についてのお話しです。
440日間、毎日病院に通い学んだ事柄の経験談と考察を、いま悪戦苦闘しているであろう、たまたまこのブログを訪れてくれた同じような境遇の人々の何かにヒントになれば幸い、くらいの気持ちで書き綴っております。

ですから、このブログでは何一つ断定はしないし排除もしません。「こうしなさい、ああしなさい」なんてとんでもないことです。

最近話題になった、あるがん患者の死から始まった騒動?から改めて主張しますが、最期の選択するのは本人であるべきです。

筆者《いまやももやまい》の考えです。

そのために、あくまでも参考程度にして読んでくださいね。

《生活習慣病》

もう一つは、先の体験とともに筆者自身が付き合うことになった病の話を、気楽に楽しみつつもちょっと真剣に病というものはどういうもなのか?ということを書き足していこう。というようなブログであります。

なんだかんだ言っても、病というのは長く付き合うことになる一種の人間の業のようなものと考え、受け止めて気楽に付き合っていきたいもですね。

メール購読

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

《癌》参考になった本

心得として参考になる本