カテゴリー

看るときに偉そうにすんな!!誰が一番大変!なんてないから

実際に病気療養、治療を受けている患者本人もそれを看ながら一緒に闘おうとしている家族?夫婦?

みんな大変なんだよ。

順風満帆だと思い込んでいた人生が一遍に激変するんだからね。

患者はね、命がかかる。

もしかしたら・・・の世界になる。

必死にもなるさ。

でもね、忘れてはいけない。

いままで患者本人が担ってきたはずの様々なことを、今度は家族なりパートナーなりにすべてを背負わせることになるんだからね。

もしものそのご、もね。

これを忘れて、私は病人なんだから、と傲慢になるのはいただけないよ。いいね。

看るほうの家族はね。

そりゃ、大変だよ。

今までの2倍も3倍も重い荷物を背負うことになるんだからね。

わかるよ。

でもさ、

あなたはまだ「命はかかっていないのよね?」

「看てやってんだ」っていう気持ち、、、胸のどっかに思っていない?

ということさ。

それにもしものそのご、もっとも大切なものを喪うことになるんだよ。

ね、、、

少し考えてみておくれよ。。。

どうしたら良いか?ってことになると、本気の二人三脚をするの。

崖っぷちを二人で全力疾走をするようなもんさ。

崖際はどっちになるかって話だね。

「どっちにしても偉そうにしてんじゃないよ」って話。

互いに協力するしかないんだよ。

では、どのように?

それは、このブログを読むと分かってくるかもね。

ここはそういうところだよ。

ここはそういうことを平気で書くブログだから気を付けてね。

筆者はそういう奴だと思っておくれ。

だから自己責任で読んでおくれ。

たまにサボる奴で、毎日更新していてもある日突然止まるよ。ふっふっふ♪

ではまた。

一言

筆者《いまやもめもやまい》より一言

《ステージ4の癌》

このブログが持つ大きいテーマは、末期癌を患った妻の看病についてのお話しです。
440日間、毎日病院に通い学んだ事柄の経験談と考察を、いま悪戦苦闘しているであろう、たまたまこのブログを訪れてくれた同じような境遇の人々の何かにヒントになれば幸い、くらいの気持ちで書き綴っております。

ですから、このブログでは何一つ断定はしないし排除もしません。「こうしなさい、ああしなさい」なんてとんでもないことです。

最近話題になった、あるがん患者の死から始まった騒動?から改めて主張しますが、最期の選択するのは本人であるべきです。

筆者《いまやももやまい》の考えです。

そのために、あくまでも参考程度にして読んでくださいね。

《生活習慣病》

もう一つは、先の体験とともに筆者自身が付き合うことになった病の話を、気楽に楽しみつつもちょっと真剣に病というものはどういうもなのか?ということを書き足していこう。というようなブログであります。

なんだかんだ言っても、病というのは長く付き合うことになる一種の人間の業のようなものと考え、受け止めて気楽に付き合っていきたいもですね。

メール購読

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

《癌》参考になった本

心得として参考になる本