カテゴリー

「命の疲労」一時退院、外泊、外出の歩きはゆっくりだ。

そうだなぁ,本当に歩きはゆっくりだよな。

よく覚えているのは、入院してからちょうど半年後、初めての一時退院が許された時の事。

「また入院することになるよ」と主治医に言われていたし、自分の眼でみても、完治とかとてもそんな状態ではないし、「回復した」と言えない状態だったからね。

家でゆっくりしてほしい・・・

でも彼女は「回復祝い」のお見舞い返しの買い物に行きたい。と言う。

高揚することは悪いことではないと思うし、興奮することで夜はよく眠れるかもしれないね。

駅前のデパートに開店と同時に入店。

人ごみの中を歩かせて、残りの体力を消費させたくはなかったのだよ。

看るほうの配偶者はいろんなことを真剣に必死に考えるものだよ。

転んだり、ぶつかったりするのが怖いのだろう。私の腕につかまりながら歩く。

自然とそうなるもので、、、(ちょっと懐かしい)

懐かしいけれど、腕につかまるチカラは弱い。

そんなところから女性だから力は弱いとかそんな段階ではなくて「彼女の命の疲労」みたいなものを感じる。腕から感じる力はなんというか? もしつまづいて倒れたとしても枯葉のようにフワっと床に着地できるんでないか? というくらい軽いのだ。

それでも、お見舞い返しを選ぶのに余念がない彼女。

人はこうやって死んでいくのかな・・・

そう思ってしまった。

きっと、不機嫌な顔をしていた私は、そんなことを考えていたんだよ。

そんなことを考えてしまう自分がイヤなんだよ。

ではまたな。

一言

筆者《いまやもめもやまい》より一言

《ステージ4の癌》

このブログが持つ大きいテーマは、末期癌を患った妻の看病についてのお話しです。
440日間、毎日病院に通い学んだ事柄の経験談と考察を、いま悪戦苦闘しているであろう、たまたまこのブログを訪れてくれた同じような境遇の人々の何かにヒントになれば幸い、くらいの気持ちで書き綴っております。

ですから、このブログでは何一つ断定はしないし排除もしません。「こうしなさい、ああしなさい」なんてとんでもないことです。

最近話題になった、あるがん患者の死から始まった騒動?から改めて主張しますが、最期の選択するのは本人であるべきです。

筆者《いまやももやまい》の考えです。

そのために、あくまでも参考程度にして読んでくださいね。

《生活習慣病》

もう一つは、先の体験とともに筆者自身が付き合うことになった病の話を、気楽に楽しみつつもちょっと真剣に病というものはどういうもなのか?ということを書き足していこう。というようなブログであります。

なんだかんだ言っても、病というのは長く付き合うことになる一種の人間の業のようなものと考え、受け止めて気楽に付き合っていきたいもですね。

メール購読

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

《癌》参考になった本

心得として参考になる本