カテゴリー

癌・立ち止まっている暇はないよ

始まってしまったからには、あなたは立ち止まっている暇はないんだよ。

不安に押しつぶされそうでも、毎晩眠れない日々が続こうとも恐怖に足が震えても進むしかないのだ。

あなたが支えるべき主役は誰ですか?

あなたが支えるべき人、癌という死に至る病に侵された家族は誰ですか?

これからの生活のすべてはその家族を中心に回ることになります。

もし、あなたが病院に面会に行ったときに家で留守番をしていてくれる人があなたたちの子供だったとしても我慢してもらうしかないのです。

だって、入院しているその家族は、死に至る病と闘うことになったのですから、いまはとにかく我慢して留守番をしてもらうしかないのです。

その「我慢をさせている」という思いだけでも、きっとあなたの心にはストレスだと思います。でも、それでも、、、やるしかないのですね。

あなたの肩には、あなた自身のストレスとともに、そういった他のストレスも降り積もります。徐々に重さをます雪のように固まり氷のように冷たい氷塊となっていくんですね。

ここでは、そんなあなたに少し、楽になるためのお話をしていきます。

がんばれ。。。

一言

筆者《いまやもめもやまい》より一言

《ステージ4の癌》

このブログが持つ大きいテーマは、末期癌を患った妻の看病についてのお話しです。
440日間、毎日病院に通い学んだ事柄の経験談と考察を、いま悪戦苦闘しているであろう、たまたまこのブログを訪れてくれた同じような境遇の人々の何かにヒントになれば幸い、くらいの気持ちで書き綴っております。

ですから、このブログでは何一つ断定はしないし排除もしません。「こうしなさい、ああしなさい」なんてとんでもないことです。

最近話題になった、あるがん患者の死から始まった騒動?から改めて主張しますが、最期の選択するのは本人であるべきです。

筆者《いまやももやまい》の考えです。

そのために、あくまでも参考程度にして読んでくださいね。

《生活習慣病》

もう一つは、先の体験とともに筆者自身が付き合うことになった病の話を、気楽に楽しみつつもちょっと真剣に病というものはどういうもなのか?ということを書き足していこう。というようなブログであります。

なんだかんだ言っても、病というのは長く付き合うことになる一種の人間の業のようなものと考え、受け止めて気楽に付き合っていきたいもですね。

メール購読

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

《癌》参考になった本

心得として参考になる本

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。