主治医が匙(サジ)を投げたときから始めること

医者だって人間だ。 助けを乞うて訪れた患者を目の前にして、「何とかしてやりたい」と思うはずで、わざわざその病状を重くするようなことは避けます。 それこそ、脅してでも患者の体調管理に厳しく接するもの。 しかし、一旦「こりゃ、ダメだ」とあきらめが入った時には、「もうできるだけ自由にしてやろう」「残りの時間を穏やかに過ごさせてやろう」 そう考えるのもので、だからこそやっぱり人間なんですね。