最近思う、持病の話

最近思う、持病の話

いいかげん人様に頼りたくはない、病というのは本人が対峙していることなわけで、それこそ自分に命を自分以外の人にすべてを委ねるつもりもないのである。自分でコントロールすべきなのだ。そのために「病は警告!」してくれているのだよ。